応募事業一覧

ブロック:近畿ブロックYEG
道府県連:福井県連
単会名:大野YEG
事業名称:結のアニ×スポ ~アニメの聖地「大野」で地域を盛り上げよう!!~
開催日時:2021年11月6日(土)13:00~17:00
開催場所:福井県大野市エキサイト広場総合体育施設
開催目的・内容:開催目的:
大野商工会議所青年部の35周年の記念事業といたしまして「結のアニ×スポ ~アニメの聖地『大野』で地域を盛り上げよう!!~」を企画させていただきました。
今年(2021年)1月から3月にかけて小説を原作とした『2.43 清陰高校男子バレー部』というアニメ作品がフジテレビ系列で放映されました。本作中には大野を中心とした風景や建物が登場し、聖地巡礼(アニメ内に登場した風景を実際に現地まで見に行くこと)と称して、放映当初から多くのファンが大野にも訪れています。
また、福井県は東京オリンピックに出場したバレーボール男子の中垣内祐一監督、清水邦広選手などを輩出するバレーボール人口の高い県で、2021年の春高に出場した福井工業大学附属福井高校が「月刊バレーボール」の取材を受けるなど、地域ごと注目を集めています。
「地元のアニメ化」というまたとない大きなチャンスを活用し、「結の故郷(くに)」である大野の地域の活性化、「バレーボール」というスポーツ文化の醸成に貢献するべく、「アニメ×大野×バレーボール」の3つの分野を掛け合わせたイベントと致しました。

開催内容:
①トークイベント「大野とバレーボール、もっと盛り上がるには!?」
ゲストに「2.43」の原作小説の監修をしたバレーボールアナリストの垣花実樹氏をお招きし、福井県バレーボール協会・松本義昭氏、大野商工会議所青年部会長・田中宏直の3名による鼎談を行いました。
「どんなコラボをしたいか??」については大野市長や大野商工会議所会頭を始め、ご参加いただいた一般の方からもアイデアや意見が上がり、次回のイベントにつながるような発展性を見せました。

②バレーボール体験会
体育館全面を使い、アニメの作中に登場する技や練習を実際に体験できるブースを用意しました。清水選手のジャンプブースでは実際の高さを見て挑戦する子どもたちが多く見られ、現役の男子バレー部の高校生にサポートを受けながらスパイクやサーブ、レシーブなど、小学生から大人まで実際のバレーボールプレーを体験することができました。

③福井県選抜vs福井工業大学附属福井高校 対抗試合
自分でバレーボールを触ってみた後、さらにリアルなバレーボールプレーを見ていただけるよう、2022年の春高出場も決定した福井工業大学附属福井高校と福井県選抜チームによる試合を行いました。ゲストの垣花氏と福井県バレーボール協会の坂本欣也氏による初心者にも丁寧で詳しい解説と実況を交え、2セットの接戦となる白熱したラリーとなりました。

④お楽しみ抽選会
中垣内監督と清水選手によるサイン色紙、清水選手が在籍する「パナソニックパンサーズ」の公式グッズ、「2.43」とコラボグッズなど、多くの賞品を用意したお楽しみ抽選会は、途中退場の参加者もほとんどなく、お届けすることができました。

関連記事一覧